BMW Motorradは、世界で初めてこのオプション装備を工場オプションとして提供し始めました。

自動と手動のどちらで作動させても、この「車両緊急通報システム」が、単にドライバーと現地の緊急機関をつなぐだけではなく、車両の現在位置を直接コールセンターに送ります。このデータの助けを借りて、事故発生現場のほかに、進行方向を特定し、見つけにくい場所であっても、緊急車両がすぐに到着できるようにします。バイク業界のイノベーションとも言えます。

通報を受けたコールセンターには、被害者(発信者)との連絡を取ろうとします。一連の救出活動要請のために、発信者が情報を提供する必要はありません。BMWならではの特長として、連絡や支援の言語は、発信者の任意です。そのため、緊急車両が到着する前に、重要な初期情報が明確になります。

+ Read more

衝突の影響やバイクの状態は、バイクのセンサーによって伝達されるため、事故であることが正確に認識され、通常のバイク運転状態とは違うものとして区別されます。運転手は、緊急通報が発信されたかどうかをメーターパネルのアイコンと音響信号で確認できます。バイクの右ハンドルにスピーカーとマイクが内蔵されているため、ヘルメットのコミュニケーションシステムでコールセンターとの音声通信を確立する必要はありません。

+ Read more
「車両緊急通報システム」が役立つ主なシナリオ:
  • 重度の転倒/衝突が発生すると、緊急通報が自動的に発信されます。運転手との音声通信が確立されますが、応答できない場合は、無理に応答する必要はありません。大事故が発生した場合は、緊急通報が直ちに行われます。
  • マイナーな事故の場合は、ある程度の時間をおいてから、「車両緊急通報システム」が作動します。この時間とは、支援や救出が不要である場合に、運転手が緊急通報を手動でキャンセルするタイミングです。eCALLのキャンセルがなければ、事故の深刻度を調べるための音声通信が確立されます。
  • これは、他の事故被害者のための救助を呼ぶ場合などに、ハンドルのSOSボタンを長押して、音声通信を確立し、緊急通報を発信します。手動で発信した場合は、その後の処置を開始するために、この音声通信が必要になります。この時間とは、支援や救出が不要である場合に、運転手が緊急通報を手動でキャンセルするタイミングです。手動で「車両緊急通報システム」を作動させることは、静止して、イグニッションスイッチがオンのときにのみ可能です。
システムを作動させるために、運転手がSIMカードを有効にしたり、データ通信に要する費用を負担したりする必要はありません。"車両緊急通報システム" は、走り始めたときから有効になり、いつでも作動させる準備が整っているため、大事故に遭遇した場合に人命を左右する一刻を無駄にせず、すぐに助けを呼ぶことができます。車載のECALLシステムに関する統計によると、この安全システムのおかげで、緊急車両が40~50%速く事故現場に到着していることが明らかです。事故ではないことを正確に判別する機能は、衝突停止を検知する総合的なインテリジェントセンサーシステムによって実現しています。ローミング機能のおかげで、どこで事故が発生しようとも、"車両緊急通報システム" は常に、最適なネットワークにつながっています。事故発生時刻、バイクの現在位置、車両識別番号、および運転手の母国語のみが転送されます。それ以外の運転手情報はシステムに保存されません。例えば、速度検出や継続な位置追跡を求めることはありません。
義務付けられたレベルでサービスの品質を確立するために、車両緊急通報システムは、特定の国での開始する少し前に、大規模なテストを行ってから、段階的に利用可能となります。
ECALLは現在、南欧、西欧、中欧、北欧のほとんどの国において、オプション装備(6AC)での利用が可能です。順次、他の欧州国でも利用できるようになる予定です。詳細については、最寄りのディーラーにお問い合わせください。
現在、車両緊急通報システムを利用できる国は、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ノルウェー(2018年2月より)、ポーランド、ポルトガル、サンマリノ、スウェーデン(2017年9月より)、スイス、スペイン、バチカン市国となっています。
ECALLネットワークは絶えず拡大しています。 他の国での車両緊急通報システムは、年内に拡大される予定です。
+ Read more
利用規約及び個人情報保護に関する方針
  • 利用規約
    MP3   |   0.84 MB

そのほかのテクノロジーの詳細