パーツカスタム部門

応募車両のご紹介

BMW Motorradの伝統と最新技術をコンバインドしたモダンクルーザーR 18。1,801ccのBig Boxerエンジンが放つ強烈な個性をさらに楽しむ。そんな目的でスタートしたのがR 18カスタムコンテストです。

アイデアと個性を盛り込んだ、世界にひとつだけのR 18

カスタムパーツの装着で個性を競う「パーツカスタム部門」。
全国のR 18オーナー、BMW Motorrad正規販売店からエントリーを受け付けました。

この特設サイトでは、全国から集まった多彩なカスタムR 18シリーズの詳細をお届けします。
ここでしから見られない、個性豊かなカスタムワークにご注目ください。

+ Read more

ビキニカウルの装着でスポーティ感をプラス

Motorrad 札幌南からエントリーの杉澤さんがカスタムした1台。R 18 First Editionが持つトラディショナルな雰囲気を活かしながら、効果的なパーツチョイスでスポーティなクルーザーへと仕上げています。まず目を引くのは、フロントにマウントされたWunderich製のスポーティなビキニカウルです。純正タンクのピンストライプに合わせたラインと、低めのスクリーンが醸し出す雰囲気は、R 18登場前にコンセプトモデルとして発表した“Concept R 18 /2”を彷彿とさせるもの。エンジン周りでは、Big Boxerの造形をより引き立てる魅力的なDK design製エンジンガードを装着しているのもビキニカウル同様にアイキャッチとなるポイントです。また、リア周りにはHepco&Becker製のレザーサイドバッグと小ぶりなシーシーバーを装着して、タンデムランはもちろん、ツーリングもしっかり楽しめる仕様へと手が加えられています。さらに、安全面でもドライブレコーダーを装着するなど、オーナーの普段使いをサポートするカスタムもポイントのひとつでしょう。いずれのパーツ装着も、R 18の持つ流麗なフォルムを崩さぬように細部まで気を配った1台です。

+ Read more

R 18 オーナー 杉澤さん

R 18 オーナー 杉澤さん

Owner's comment

これまで数多くのビッグツインを乗り継いできましたが、Big BoxerエンジンのR 18には一目惚れして購入しました。ノーマルの雰囲気を程よく残しながらカスタムしたいと考えてWunderlich製のスポーツカウルやHepco&Beckerのサイドバッグを追加しました。エンジンガードはさまざまなブランドのパーツを検討しましたが、複雑な曲線を描くDK design製のエンジンガードは適度なパイプ径もあって、このエンジンにピッタリだと思います。R 18 First Editionはお気に入りの革ジャンやブーツにもよく似合うバイクです。

+ Read more
Dealer's comment
Motorrad Sapporo-Minami 坂井氏

この車両はR 18が本来持つ高い完成度を大事にしながらカスタムしていくことを心がけました。その過程ではオーナーさまと綿密な打ち合わせをしながらパーツのチョイスを進めました。R 18のカスタムは初めての経験ではありましたが、R 18はシンプルな車体構成ということもあってカスタムしやすいという印象です。今後も多彩な純正カスタムパーツの発売が控えているので、ピリオンシートを外してシングルシートにしたり、メッキパーツを抑えながらよりシンプルにカスタムしていくプランもオーナーさまと計画しています。

+ Read more

アルミビレットホイールでイメージを大幅にチェンジ

Motorrad 仙台南からパーツカスタム部門にエントリーした星さんのR 18 First Editionは、前後ホイールにBMW Motorrad純正アクセサリーのアルミビレットホイールを装着したインパクト抜群の1台です。ノーマルのR 18は往年の名車R 5をオマージュしたスポークホイールを前後に装着していますが、それをマシニングによる削り出しで製作されたビレットホイールへと換装することによって、車両の雰囲気は一気にモダンな雰囲気へ。このビレットホイールは切削仕上げの面を残したシルバーとブラックの2トーンモデルも存在するのですが、あえてブラック単色仕上げのホイールとすることで、R 18 First Editionの特徴となる各部のクロームメッキをより引き立てています。また、エンジンガードにはシンプルな造形が魅力のWunderlich製をチョイス。またツーリングや普段乗りの実用性を考慮してBMW Motorrad純正のソフトバッグを装着していますが、小ぶりなバッグはR 18本来のシルエットをスポイルしないのも特徴の一つです。星さんはカスタムを進めるにあたって、友人の意見も参考にしながらパーツをチョイスしたそうです。R 18では、アイキャッチとなるフィッシュテールマフラーが特にお気にりとのことで、ホイール換装という大掛かりなカスタムを敢行しながらも、マフラーは純正をそのまま残しているのもこだわり。まだまだカスタムプランも構想中とのことで、今後も手を加えていくそうです。

+ Read more

R 18 オーナー星さん

R 18 オーナー星さん

Owner's comment

R 18はどこから車体を見てもボクサーエンジンの存在感を楽しめる稀有なバイクだと思います。最初に車体を見たときにとても完成されているなと感じたのですが、より自分らしいスタイルを求めてカスタムしました。前後のビレットホイールは普段の手入れもしやすいだけでなく、R 18全体に流れるブラックの印象をより強調するパーツです。Wunderich製のエンジンガードはデザインもさることながら万が一の際には頼もしいですし、バッグも収納力があり満足しています。当初はノーマルで乗るつもりでしたが、いつの間にか手を入れましたが、まだまだカスタムの予定もあるので、大事に乗っていきたいと思っています。

(写真は仙台南店長:佐藤氏)

+ Read more
Mechanic's comment
Motorrad Sendai-Minami 小松氏

R 18のカスタムはこれが初めてでした。オーナーの星さまはこのR 18が初めてのBMWとのこと。カスタムについてもある程度構想をお持ちだったのでイメージに近づくようお手伝いさせていただきました。ハイライトとしてはBMW Motorrad純正カスタムパーツのアルミビレットの前後ホイールですが、ホイール換装によって大幅にR 18のイメージが変わっています。また、サドルバッグもBMW Motorrad純正です。純正ならではのフィッティングはもちろん、小ぶりなバッグは実用性を高めながらもR 18のスタイルを崩すことなく車体の雰囲気にマッチしていると思います。今後もカスタム予定がまだありますので、まだまだカスタムを楽しんでいただきたいですね。

+ Read more

Concept R 18 /2をイメージしつつ実用性もプラス

精悍なビキニカウルが目を引くR 18 First Editionは、Motorrad仙台南からパーツカスタム部門にエントリーした遠藤さんの愛車です。なんといっても目を引くのは、フロントマスクのビキニカウルです。Concept R 18 /2をイメージしたというこのカウルはWunderlich製で、スクリーンをスモークとすることでスポーティな印象を打ち出しています。全体的にシャープかつスタイリッシュにカスタムしながら実用性も確保したいという遠藤さんのカスタムイメージによって、リアには大型のHepco&Beckerのバッグを装備するほか、ハンドル周りにはスマホマウントや電源ソケットも装備していますが、ハンドルまわりの景色を損なわないよう極力シンプルに仕上げられているのも隠れたこだわりのひとつです。これまでスポーティなバイクばかりを乗り継いできた遠藤さんは、このR 18のために大型免許を取得したというほどR 18に惚れ込んでいるようで、その中でも愛車のカスタマイズは大きな楽しみのひとつだそうで「今後も毎年のようにカスタムを続けながら、自分が理想とするR 18を作って行きたいんです」とコメントをいただきました。

+ Read more

R 18 オーナー 遠藤さん

R 18 オーナー 遠藤さん

Owner's comment

カスタムイメージとしてR 18発売前に発表されたConcept R 18 /2をイメージとして描いていました。ノーマルをベースにして全体的にもっとスタイリッシュに、よりカッコよく仕上げたくてパーツを選んでいます。カウルとエンジンガードはWunderlich製でバッグはHepco&Beckerです。このバッグはR 18の雰囲気ともマッチしていながら、容量も充分。さらに鍵が付いているのも選んだポイントでした。R 18は、1,801ccという排気量にグッときて購入しましたが、このR 18が初めてのBMWで初めての大型バイクですが、エンジンの鼓動感に惚れ込んでいます。唯一無二の個性は、他のバイクに目移りすることもなく、私にとってはまさに言うことなし。そんなバイクです。

(写真は仙台南店長:佐藤氏)

+ Read more
Mechanic's comment
Motorrad Sendai-Minami 小松氏

オーナーの遠藤さまは、このR 18が初めてのBMWで、さらに初の大型バイクとのことでしたが、当初からどんな風にカスタムしてゆくかざっくりとしたイメージをお持ちでした。時にタンデムを楽しみつつ、またある時はご家族との2台でのツーリングも楽しみたいということで、ある程度の荷物が積載できるバッグも装着したいというご希望もあったので、こちらからもパーツのご提案をさせていただきました。カウルはConcept R 18 /2をイメージして装着されたもので、オーナーさまも非常に満足していらっしゃいます。

+ Read more

ワンオフを駆使した、衝撃のカフェレーサースタイル

Motorrad長野シティからエントリーのR 18は、ロケットカウルとセパレートハンドルでカフェレーサースタイルを構築した1台です。かねてからセパレートハンドルを軸としたスポーティなカスタムを得意とする同店は、これまでR nineTカスタムなどで培ったノウハウを投入して車両を製作。とはいっても、クルーザーモデルとして誕生したR 18とあって、そうしたパーツが市場に存在しないため、ワンオフや他車種流用を組み合わせながら製作を進めたそうです。目を引くロケットカウルのステーやセパレートハンドル、そしてステップのベースプレートはスタッフによるワンオフ。一見すると強烈なポジションにも見えますが、ワンオフのシートポストを使ってマウントされるシングルシートカウルは、ガソリンタンクの後端を50mmほど持ち上げることでセパレートハンドルに合わせたポジションを構築。もちろん、オーナーの体格とのマッチングも考慮しています。また、シングルシート化によってフェンダーレスとなったリア周りはスイングアームマウントのナンバープレート&テールランプマウントによって軽快感を演出。ワンオフを駆使して作り上げたスタイリングですが、ここまで手を入れてもR 18純正のマフラーが残されていることも大きなポイントのひとつでしょう。

+ Read more
Dealer's comment
Motorrad Nagano-City 越山氏

製作にあたってはイラストや図面は描かずに直感で進めました。ロケットカウルは多車種からの流用ですが、カウルステーの一部はステアリングヘッドのネジ穴などを使って固定できるように製作しています。また、シングルシートカウルを支えるステーはスチールパイプを溶接して製作しました。ポジションを作っていく過程では、R nineT Racerのポジションを参考にセパレートハンドルとシート、そしてステップの位置関係を構築しています。いま、このマシンでサーキット走行も予定していますが、スポーツ走行でも楽しく走れるのではないかと期待しています。

+ Read more

流用パーツを駆使した技ありカスタム

タイトなハンドルまわりに目が行くR18はMotorrad愛媛が製作したもの。まだまだカスタムパーツが少ないR 18で、どうやって個性を出したカスタムをするのか? モトラッド愛媛が行き着いたのは、他車種用のパーツをうまく使いながらフィッティングするという手法でした。アメリカ市場を意識して生み出されたR 18は、ハンドルをインチ径としていますが、そのポイントをうまく利用して市販のインチハンドルをセット。カスタムを進めるにあたってはカスタムカルチャーに精通したスタッフのアイデアが活かされているそう。プルバックも控えめなこのハンドルは、ホイールべースの長いR 18のシルエットとライダーが跨った時の見た目と一体感をイメージして選んだというこだわりのアイテム。そのハンドルに合わせてミラーもグリップ下に装着するなど、小技も効いています。また、フロントのウインカーは純正ウインカーの向きを横から縦に変更してマウント。純正パーツのデザインを活かしているのもポイントです。またリアエンドは純正フェンダーの造形の良さに着目して、ナンバープレートをサイドにマウント。このサイドナンバー化に当たっては、マウントステーをワンオフで製作して対応しています。タイトなハンドルとサイドナンバー化によって、R 18のシルエットがより際立ったカスタムと言えるでしょう。

+ Read more
Dealer's comment
Motorrad Ehime 仙波氏

R 18はアメリカンスタイルのクルーザーですから、少しパーツを交換するだけで大きなイメージチェンジができるモデルだと思います。製作にあたっては、R 18が持つ本来のスタイルを活かしながらカスタムのイメージを膨らませました。カスタム好きのスタッフと打ち合わせをしながら、他車種用のパーツを流用することで手間とコストを抑えながら個性を発揮する手法に辿り着きました。サイドナンバー化こそワンオフのパーツを製作しましたが、それ以外は誰にでも気軽にトライできるカスタム方法だと思います。専用のカスタムパーツを使わずともR 18は自由なカスタムが楽しめる車両だと思います。

+ Read more

ドラッグバーと極太タイヤで武装したストリートドラッガー

R 18のスタイリングを活かしながら、最小限のモデファイでイメージチェンジを図ったのがMotorrad世田谷がパーツカスタム部門にエントリーしたこのマシンです。ハイライトとなるのは、タイトにまとめられたハンドル周りです。ストリートを疾走するドラッグマシンとして製作されたR 18は、コンパクトなポジションを生み出すドラッグバーを装着。ただ、R 18のハンドルはクランプ部がインチ径、スイッチボックス部がミリ径とあって、装着にはカラーを使用しています。また、タイトなハンドル周りを実現するためにブレーキホースとクラッチホースはハンドルの長さに合わせて最小限の長さとするように工場長の細沼さんがホースラインを引き直してフィッティング。左右のマスターシリンダーもハンドルクランプやトップブリッジに干渉しないギリギリの場所まで追い込んでいるのも特筆すべきポイントです。さらにフロントのウインカーはバーエンドタイプへと変更してフロントエンドはよりシンプルに。そのおかげでハンドル周りの見た目は非常にスッキリとした仕上がりとなっています。さらに、ドラッグレーサーイメージを高めるためにリアタイヤのサイズは180/65 B16から200 / 55 R16へとアップ。迫力のリアビューを形成しています。

+ Read more
Dealer's comment
Motorrad Setagaya 大森氏

BigBoxerの存在感を際立たせたドラッグスタイルを目指してカスタムを進めました。実は、このカスタムは、変更する箇所や費用も抑えながら「ミニマムなカスタマイズでもここまでイメージチェンジできる」という提案も込めて製作しているのがポイントです。 ドラッグスタイルを構築するために必須のタイトなドラッグバーは市販品を使用していますが、クラッチマスター&ブレーキマスターシリンダーのフィッティングはMotorrad世田谷の工場長のスキルが発揮されています。もう少し手を加えて、リアフェンダーレスフェンダー&サイドナンバー仕様にするのも面白いと思っています。もしかしたらブログ等でもお見せするかもしれません。

(写真は世田谷店スタッフ:細沼氏)

+ Read more

あなたのカスタムをサポートする
BMW Motorrad 正規ディーラー

あなたのカスタムをサポートする
BMW Motorrad 正規ディーラー

BMW Motorrad 正規ディーラーでは、カスタム車両のサポートはもちろん、あなたのモーターサイクルライフを充実させる様々なサポートのご提案や、車両の販売に限らずアフターサービスも実施しております。

最寄りのBMW MOTORRAD 正規ディーラーを検索いただき、お気軽にご来店ください。

+ Read more

R 18

ひと目でそれとわかる、クルーザーの王道スタイル

BMW Motorradでは、1923年から深い信念をもってボクサーエンジンを生産し続けています。R 18の新開発1,801ccのボクサーエンジンは、BMW Motorrad史上最大排気量を誇ります。

詳しくはこちら

R 18 CLASSIC

往年のBMWデザインを表現するモダン・クルーザー

その佇まいはツーリングモデルとして登場したBMW初期のクルーザーモデルを彷彿とさせるもので、R 18 First Editionでも採用された2本の白いピンストライプなどBMWのモーターサイクルが歩んできた歴史との繋がりを呼び起こすディテールも備えています。

詳しくはこちら
spinner