ラッピング・ ペイント部門

応募車両のご案内

BMW Motorradの伝統と最新技術をコンバインドしたモダンクルーザーR 18。1,801ccのBig Boxerエンジンが放つ強烈な個性をさらに楽しむ。そんな目的でスタートしたのがR 18カスタムコンテストです。

創造性と感性が織りなす、世界にひとつだけのR 18

ペイントやラッピングによってオリジナリティを追求する「ラッピングペイント部門」。
全国のR 18オーナー、BMW Motorrad正規販売店からエントリーを受け付けました。

この特設サイトでは、全国から集まった多彩なカスタムR 18シリーズの詳細をお届けします。
ここでしから見られない、多彩なペイントワークにご注目ください。

+ Read more

ビビッドな中に、落ち着いた空気を漂わせて

Motorrad Mitsuoka名古屋でラッピング・ペイント部門にエントリーしたR 18 Classicは、シンプル極まりないペイントワークの中に確かなこだわりを感じる1台です。R 18をベースに大型スクリーンやLED補助ヘッドライト、そしてレザーバッグを装備したR 18 Classicは、より長距離のクルーズを楽しむためのモデル。このR 18 Classicは、そうした車両本来の特徴を活かしたままラッピングによって個性を打ち出しています。フロントフェンダー、ガソリンタンク、サイドカバー、リアフェンダーはすべてパープルでラッピング。パープルとはいえ、落ち着いた色味をチョイスすることで、ブラックのパーツが多いR 18 Classicの雰囲気によく溶け込んでいます。気軽に楽しめるカスタムとして人気のラッピングですが、ガソリンタンク下部まで丹念にラッピングしているのもポイント。また、純正の外装パーツにあしらわれる2本のピンストライプをあえて踏襲しないことで、カスタムアピール感を演出しているのも特徴です。また、深い色合いは、淡いスモークフィルムを貼り付けたスクリーンやR 18 First Editionのクロームメッキパーツとの相性もよく、あらためてラッピングカスタムの奥深さを物語っています。ビビッドなカラーを主体とすることで、よりシンプルさが際立つ好例と呼べる1台です。

+ Read more
Manager's comment
Motorrad Mitsuoka 安岡氏

この車両はR 18 Classicの大きなボディ面積を活かしてラッピングで仕上げました。R 18 Classicは上品でエレガントなモデルなので、そのイメージを損なわないようにカラーと塗り分けパターンを考えました。古いアメ車のようなシックな色合いがこの車両のハイライトです。想像していた以上に上品な仕上がりとなったこともあり、例えばMitsuokaグループで共通カラーを作ってBMW Motorrad各モデルをラッピングするようなプランも現在構想中です。

+ Read more

誰もが二度見する印象的なカラーリング

Motorrad Mitsuoka大阪がラッピングペイント部門へエントリーしたR 18は、一度見たら忘れられない印象的なカラーリングが魅力の1台です。この車両は、同店の女性スタッフが普段使いをする車両として製作されたもの。「せっかく手を入れるのなら、もっとかわいく存在感をアピールしたい」そんなテーマで生み出されています。フロントフェンダーやガソリンタンク、サイドカバー、そしてリアフェンダーとR 18を形作る外装パーツはすべて色鮮やかなピンクで統一。ラッピングによるカラーチェンジですが、R 18の外装パーツが持つ複雑な曲面もしっかりと表現されており、ハイクオリティな仕上がりです。もちろん、ガソリンタンクとリアフェンダーには純正のR 18同様に、白い2本のピンストライプがあしらわれています。人目を引くカラーリングの中にもBMW Motorradの伝統がしっかりと息づく、そんな1台に仕上げられているのです。バイクをカスタムしていく場合、カスタムペイントは大掛かりな作業となりますが、特殊なフィルムによってパーツを覆うラッピングであれば、もっと気軽にイメージチェンジも可能です。このR 18はそんな提案も盛り込んだカスタムモデルなのです。

+ Read more
Manager's comment
Motorrad Mitsuoka 安岡氏

このR 18は、大阪店の女性スタッフが日々のバイクとして使えるように明るくキュートなイメージで制作しました。この車両もその他車両と同じくラッピングでカスタムしたものですが、ベースのタンクがブラックのため下地処理から何層にも渡ってペイントを重ねており、かなり手間がかかっています。最終的にはピンクの上にクリアを吹き付けているので、艶も発色も予想を遥かに超える仕上がりとなりました。この状態でも気分が変われば純正カラーに戻せるラッピングには可能性を感じています。

(写真はMotorrad Mitsuoka Osakaスタッフ)

+ Read more

考え抜かれた塗り分けで軽快かつゴージャスな印象へ

Motorrad Mitsuoka堺からラッピングペイント部門にエントリーしたのは、大型のフロントフェアリングとパニアケースを持つバガーモデルR 18 Bです。淡い色合いながら、高級感を漂わせるグリーンメタリックをボディカラーの主体としながら、挿し色としてブラックをあしらったカラーリングは、R 18 Bのボディラインを活かしながら、よりスポーティで軽快なイメージを打ち出す工夫に満ちています。アイキャッチとなるフロントフェアリングはパーツ下部をブラックに。それと合わせるようにガソリンタンクはサイドをグリーンメタリック、センターをブラックとしています。大きなパーツを単色で仕上げるのか、または他の色を組み合わせるのかは、カラーチェンジで悩むポイントですが、こうした塗り分けを用いることでパーツの存在感を際立たせる視覚的な効果を生み出しています。こうした工夫はリアエンドにも用いられており、R 18 Bの特徴となるボディ両サイドのパニアケースは、ケースのボディ側をブラックに。そしてリアフェンダー本体もパニアケース側をブラックとすることで、より引き締まった印象を生み出しています。あえてソリッドとしたフロントフェンダーから始まる流れは、アイキャッチとなるパーツに考え抜かれたカラースキームを用いることで、R 18 Bが持つ唯一無二の個性をさらに飛躍させています。

+ Read more
Manager's comment
Motorrad Mitsuoka 安岡氏

大胆なペイントによってカスタムイメージをアピールした1台です。練りに練ったカラースキームを用いることで、R 18 Bが持つ個性を引きたて、カラーの変更だけで大幅なイメージチェンジに成功しました。

(写真はMotorrad Mitsuoka Sakaiスタッフ)

+ Read more

シンプル極まるペイントで最大限のカスタムアピールを

R 18本来の流麗なスタイルを際立たせるもっともシンプルな方法のひとつがカスタムペイントです。伝説の名車R 5をお手本とした流麗なスタイリングとBig Boxerエンジンの存在感を際立たせるべく、シンプルなペイントによって独自の個性を発揮する。こうして生み出されたのがMotorrad Mitsuoka堺で製作されたこのR 18です。このR 18では、フロントフェンダー、ガソリンタンク、サイドカバー、そしてリアフェンダー。そのすべてをハイクオリティなマットブラックでラッピング。フロントフェンダーとサイドカバーはマットブラック単色とするものの、より大きな面積となるガソリンタンクとリアフェンダーは、純正のピンストライプへのオマージュとして赤いピンストライプでフィニッシュしています。「ナイトライダー」というカスタムコンセプトを標榜して練り上げられたマットカラーによるペイントスキームは、R 18 First Editionのクロームメッキをより引き立てながら、R 18が本来持つ流麗なスタイリングを浮き彫りにするためのもの。ラッピングを使って都会の夜が似合う、ダークでスポーティなストリートドラッガーへと仕上げられています。

+ Read more
Manager's comment
Motorrad Mitsuoka 安岡氏

ラッピングによってカスタムイメージをアピールした1台です。夜の街が似合う、そんなナイトライダーをイメージしたR 18は、マットなブラックに合わせてレッドのピンストライプをあしらいました。カラーパターンは純正カラー同様ですが、カラーの変更だけで大幅なイメージチェンジに成功しました。

(写真はMotorrad Mitsuoka Sakaiスタッフ)

+ Read more

カスタムペイントを軸としながら、パーツ装着にもひと工夫

ラッピング・ペイント部門へエントリーしたMotorrad バルコム広島製作の1台は、手の込んだペイントとカスタムによって、R 18 First Editionのスタイリングをさらに際立たせています。鮮やかなブルーメタリックを基調としながら、ブラックを効果的な挿し色として使用した外装パーツは、前後のフェンダー、ガソリンタンク、サイドカバーまでラップ塗装によって独特な表情へ。ガソリンタンクのエンブレム周辺にはフレアパターンをあしらい、サイドカバーにはラッピングによって“R 18”のロゴを浮き出させるなど、かなり手の込んだ仕上がりを見せています。また、シリンダーヘッドカバーやインテークカバー、ヘッドライトリムにはブラックのリンクルペイント(ちぢみ塗装)を施すことで、車体全体がより引き締まった印象に。さらにエンジンガードへ移設したメーター、ショートタイプのライザーによって低くマウントしたハンドル、車検対応の超小型ウインカー、オリジナルのエンジンプレートなどで個性を主張しています。リアエンドで目を引くキャリアは、溶接スキルを持つスタッフによってワンオフされたもので、ブラウンのシートとのマッチングも好印象です。

+ Read more
Dealer’s comment
Motorrad Balcom Hiroshima吉田氏

R 18のカスタム車両製作は今回が初めてでしたが、R 18は手を入れやすいのでカスタマイズしていく自由度の高さを感じました。この車両は、アウトドアーユースもイメージしながら製作しました。ワンオフで製作したリアキャリアやハンドルバーに装着できる矢印表示のみの小型ナビゲーターの追加、メーターの移設など極力シンプルなスタイルにまとめています。特にこだわったのはペイントです。これまで自社のペイント工房で数多くのカスタムペイントを手掛けてきましたが、今回のラップ塗装は、これまで挑戦したことがない複雑な工程にチャレンジしました。サイドカバーではR 18の文字が浮かび上がるような処理や、タンクのフレアパターンなど、複雑な絵柄と深い色合いを表現できたと感じています。

+ Read more

深みのあるペイントで、よりシックに、よりゴージャスに

Motorrad 相模原からラッピング・ペイント部門にエントリーしたR 18 First Editionは、ワインレッドをメインカラーとしたラップ塗装がハイライトとなる1台です。ガソリンタンクはタンク上面をワインレッドのラップ塗装に、そしてR 18純正のピンストライプを踏襲ながらもタンクサイドをガンメタリックで仕上げています。しかしそこに組み合わせるフロントフェンダーとリアフェンダーのペイントは、サイドにワインレッド、上面にガンメタリックと、ガソリンタンクとは逆のパターンを採用する視覚的な工夫も盛り込まれています。さらに面積の大きなフロントフォークカバーまでもワインレッドにラップ塗装することで、妖艶なボディカラーをより強調しています。オーナーこだわりのシートは表皮を型押しとして個性を演出するだけでなく、座面をボディカラーに合わせるセットアップ。基本的なスタイルはR 18 First Editionと同じですが、「せっかくのオープンシャフトドライブをもっと楽しみたい」というオーナーの希望もあり、マフラーはDr.Jekill & Mr.Hide製のスリムなサイレンサーに変更。その目論見通り、メカニカルな造形をより楽しめるスタイルへと変化しています。

+ Read more

R 18 オーナー MKさん

R 18 オーナー MKさん

Owner's comment

自分の父親が‘BMWに乗っていることもあって、いつかはと憧れていました。そんな時にR 18が発表されて大型免許を取得して購入しました。このR 18のカスタムテーマは「パッション」で、大好きな色であるレッドをベースにカスタムペイントを施しました。ペイントパターンについては市東さんと何度も打ち合わせて決定しました。実は、外装ペイントが仕上がる前にシートが仕上がっていたのですが、外装の美しいレッドに合わせて表皮の色を自分でやり直しています。また、R 18のポイントとなるシャフトドライブが純正マフラーではよく見えないので、サイレンサーがスリムなDr.Jekill & Mr.Hideのマフラーに交換しています。このマフラーを見つけるまで苦労しましたが、交換によってシャフトドライブがよく見えるようになった点も満足しています。

+ Read more
Dealer's comment
Motorrad Sagamihara

オーナーのMKさまはレッドが好みのカラーということもあり、レッドをメインとしたラッピングペイントをカスタムのテーマとして製作を進めました。ボディカラーではワインレッドとガンメタリックの2トーンカラーを採用しましたが、塗り分けパターンはこちらでもいくつかオーナーさまへご提案しつつ、オーナーさまのご希望も踏まえて最終的なパターンを決定しています。また、面積の大きなフロントフォークカバーもワインレッドでペイントするのは私どもの提案です。結果的に車体全体でのまとまりが出たと思います。オーナーさまこだわりのシートはボディカラー決定後に自ら色味を調整されていますが、その色合いがさらに完成度を高めていると感じています。

+ Read more

あなたのカスタムをサポートする
BMW Motorrad 正規ディーラー

あなたのカスタムをサポートする
BMW Motorrad 正規ディーラー

BMW Motorrad 正規ディーラーでは、カスタム車両のサポートはもちろん、あなたのモーターサイクルライフを充実させる様々なサポートのご提案や、車両の販売に限らずアフターサービスも実施しております。

最寄りのBMW MOTORRAD 正規ディーラーを検索いただき、お気軽にご来店ください。

+ Read more

R 18

ひと目でそれとわかる、クルーザーの王道スタイル

BMW Motorradでは、1923年から深い信念をもってボクサーエンジンを生産し続けています。R 18の新開発1,801ccのボクサーエンジンは、BMW Motorrad史上最大排気量を誇ります。

詳しくはこちら

R 18 CLASSIC

往年のBMWデザインを表現するモダン・クルーザー

その佇まいはツーリングモデルとして登場したBMW初期のクルーザーモデルを彷彿とさせるもので、R 18 First Editionでも採用された2本の白いピンストライプなどBMWのモーターサイクルが歩んできた歴史との繋がりを呼び起こすディテールも備えています。

詳しくはこちら
spinner