BMW G 310 R

スリムな車体にリラックスしたライディングポジション

大柄なマシンが多いMotorradのラインアップのなかで、もっとも軽量かつコンパクト。

気負いなく日常使いできるフットワークの軽さ。何より中型免許で乗れるということで、モトラッドのユーザー層を大きく広げてくれたマシンでもあるシングルネイキッドモデルがG 310 R。

しかし、そこに気楽な妥協は一切ない。

この排気量で楽しめる。そして持てるべきポテンシャルを詰め込まれたマシンとなっている。

排気量なみの華奢な印象はなく、その姿も手応えも頼もしさを感じさせる。

搭載されるのはスリムでコンパクトな単気筒エンジン。

そのユニットを180度反対に搭載することで、荷重バランスを最適化している。

+ Read more

電子制御満載といったモトラッドのイメージからすると拍子抜けするほどシンプルな装備。しかし、それは必要としないバランスの良さをしめすものであり、重量減や販売価格減にもつながっている。

大排気量のマシンでは億劫となりがちなマシンの取り回しや駐輪場からの出し入れもイージー。

そして走り出せば、そのキャラクターを存分に発揮。

横道にそれてトコトコと散策出来る自由度の高さ。さらりとUターン出来る機動力。

ビギナーからベテランまで満足させてくれるマシンに仕上がっている。

 

+ Read more

電子制御満載といったモトラッドのイメージからすると拍子抜けするほどシンプルな装備。しかし、それは必要としないバランスの良さをしめすものであり、重量減や販売価格減にもつながっている。

大排気量のマシンでは億劫となりがちなマシンの取り回しや駐輪場からの出し入れもイージー。

そして走り出せば、そのキャラクターを存分に発揮。

横道にそれてトコトコと散策出来る自由度の高さ。さらりとUターン出来る機動力。

ビギナーからベテランまで満足させてくれるマシンに仕上がっている。

 

+ Read more
spinner