全日本ロードレース選手権

日本を代表するロードレース選手権「MFJ SUPERBIKE:全日本ロードレース選手権」はMFJ=日本モーターサイクルスポーツ協会が運営するロードレースです。

MFJはFIM:世界モーターサイクリズム連盟が公認する日本の代表機関で、全日本ロードレース選手権は1962年にスタートし、1967年からシリーズ戦を開催しています。これまで多くのライダーがこの選手権から世界へと羽ばたつとともに、日本国内のモータースポーツ振興において重要な役割を果たしてきました。

現在の全日本ロードレース選手権は、すべて4ストロークマシンで開催されています。250cc単気筒マシンによる「J-GP3」クラス、401cc~600ccの4気筒マシン&600cc~750ccの2気筒マシンによる「ST600」クラス、600cc~1000ccの4ストローク4気筒マシンと750cc~1000ccの3気筒マシン、そして850cc~1200ccの2気筒マシンによる「ST1000」&「JSB1000」クラスの計4クラスを設定しています。

+ Read more

BMW M 1000 RRが2022年の全日本ロードレース選手権に出場!

国内最高峰のロードレース選手権「MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 2022」にBMW MotorradのM 1000 RRが出場が決定しました。

2022年4月2日(土)に栃木県のツインリンクもてぎで開幕した「MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ2022」では、2021年シーズンに引き続きTONE RT SYNCEDGE 4413 BMWチームがBMW Motorradのマシンで参戦します。

TONE RT SYNCEDGE 4413 BMWチームは、2021年シーズンでは改造範囲に制限のあるST1000クラスへ2台体制で参戦していましたが、8月7日に開催される「FIM EWC:世界耐久ロードレース選手権 第3戦 鈴鹿8時間耐久ロードレース」への参戦を見据えて、国内最高峰カテゴリーであるJSB1000クラスに1台、昨シーズンに引き続き前述のST1000クラスに1台の2台体制で全日本選手権に挑戦します。

写真は、2022年1月、東京オートサロンの会場でチーム体制発表をおこなったTONE RT SYNCEDGE 4413 BMWチーム。ゼッケン26番が星野選手、ゼッケン22番が石塚選手。

+ Read more

TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW チーム体制

チーム体制としては、今季のJSB1000クラスにはこれまでエースとしてチームを牽引してきた星野知也(ほしの ともや)選手を、ST1000クラスには新たに石塚 健(いしづか たけし)選手を起用しています。両クラスともにマシンはM 1000 RRです。

なお、FIM EWC:世界耐久ロードレース選手権では、直近で開催された2019年大会のスーパーストッククラスにおいて優勝を果たしており、今季は全日本選手権でM 1000 RRのセットアップを進めながら、スーパーストッククラス2連覇を目指しています。

国内最高峰のロードレース選手権で躍動するM 1000 RRの走りにご期待ください。

+ Read more

2022年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズカレンダー

第1戦:2022年4月2日(土)~3日(日)/ツインリンクもてぎ(栃木県)

第2戦:2022年4月23日(土)~24日(日)/鈴鹿サーキット(三重県)

第3戦:2022年5月21日(土)~22日(日)/オートポリス(大分県)

第4戦:2022年6月4日(土)~5日(日)/スポーツランドSUGO(宮城県)

第5戦:2022年6月26日(日)/筑波サーキット(茨城県)*J-GP3クラスのみ

第6戦:2022年8月27日(土)~28日(日)/オートポリス(大分県)

第7戦:2022年9月17日(土)~18日(日)/岡山国際サーキット(岡山県)

第8戦:2022年11月5日(土)~6日(日)/鈴鹿サーキット(三重県)

 

本特設サイトでTONE RT SYNCEDGE 4413 BMWチームの各レース結果を掲載いたします。

+ Read more

第2戦、鈴鹿2&4レポート

2022年4月23日(土)から24日(日)の2日間に渡って三重県の鈴鹿サーキットで「全日本ロードレース選手権第2戦 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」が開催され、M 1000 RRで全日本選手権にフル参戦するTONE SYNCEDGE 4423 BMWチームも参戦しました。

+ Read more

鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦権を得るためのトライアウトステージの対象となる鈴鹿2&4では、最高峰クラスのJSB1000のみの開催となりましたが、レースは土曜日と日曜日にそれぞれ1レースを消化するタフなもの。JSB1000クラスに参戦中の星野知也選手は、土曜日のレース1では予選19位からスタートしました。当日の鈴鹿の天候は曇りでコースはドライコンディション。スタートで15位まで順位をアップした星野選手でしたが、スタート直後からマシントラブルの兆候が出ており、本来の走りができない苦しい展開に。3周目には25位まで順位を落とし、6周目には24位につけるも、終盤までペースアップができずに25位でフィニッシュとなりました。

 

翌24日(日)、鈴鹿は朝から雨に見舞われていました。ウェット路面を得意とする星野選手は、決勝前のウォームアップ走行では9番手となるなど、前日とは打って変わったような走りを見せて、決勝レースへの希望をつなぎます。ウェット宣言によって2周減算の14周で行われた決勝レース。公式予選のセカンドタイム順で24位グリッドからのスタートとなった星野選手は、見事なスタートを決めて1周目を15位でコントロールラインを通過します。しかし、雨量の多い状況を考慮してチョイスしたタイヤがうまく機能せず、それ以上のペースアップは難しい状況となりましたが、すでにポイント圏内ということもあり、無理をせずポジションをキープする走りに徹します。しかし、3周目に高速コーナーの200Rでリアのグリップを失い、転倒リタイアとなりました。幸い星野選手に大きな怪我はなかったものの、チームとしてはレース1、レース2ともに悔しい結果となりました。

+ Read more

「開幕戦茂木レース2でマシントラブルは解消されていたので、鈴鹿2&4を楽しみにしていました。 ウィーク初日の走行から、マシンもライダーも調子良く順調なスタートでした。しかし2日目からマシンフィーリングが全く変わってしまい、走る度にタイムが落ちて行く様になり、ライダー の不調かと思いましたが、実はこの時から既にマシントラブルが出ていて、レース1を走り終わるまでライダーもチームも気付かなかったのです。日曜日に向けてメカニックが直してくれたので、朝フリーからマシンの調子も戻り、レース2に期待が持てました。

スタートを決めて追い上げを開始しますが、降り続いてる雨の影響で選択したタイヤが朝フリーと違うフィーリングになってしまい、ペースアップ出来ない状態でした。しかしポイント圏内まで上がっていたので、このまま無理せず完走しようと思っていたら、高速コーナーで突然リヤタイヤがグリップを失い転倒してしまいました。 高速コーナーでの転倒でしたので、身体へのダメージも大きく、古傷をまた痛めてしまいました。次戦まであまり時間がないので、しっかりと治療して行きたいと思っています。2戦を終え、まだまともに走れていない状態ですが、諦めず次戦以降も頑張りますので引き続き宜しくお願い致します。」

 

すでにチームは2022年5月21日(土)22日(日)に大分県のオートポリスで開催される「第3戦オートポリス スーパー2&4レース」に向けて再始動を切っています。みなさまの応援をよろしくお願いします。

+ Read more

全日本ロードレース選手権開幕!BMWのライダーは手堅いリザルトを残す

国内最高峰のロードレース選手権として開催される全日本ロードレース選手権。

2022年4月2日(土)から3日(日)かけて、モビリティリゾートもてぎ(旧称:ツインリンクもてぎ)で「全日本ロードレース選手権第1戦 スーパーバイクinもてぎ」が開催されました。

+ Read more

第1戦ではJSB1000クラスが2レースの開催となりましたが、M 1000 RRで出走した星野選手はマシントラブルのためにレース1でスタートできずリタイヤとなりました。翌日のレース2は雨のレースとなりましたが、ウェットコンディションを得意とする星野選手は予選15位からのスタートながら、オープニングラップで7位まで一気にジャンプアップします。その後、一旦は8位にまで後退してしまいますが、ポジションをキープ。前を走る選手の転倒もあって、7位のシングルフィニッシュを獲得しました。星野選手にとっては、最高峰クラスJSB1000へのフル参戦は3年ぶりとなりましたが、レース2では次戦に繋がる手堅いリザルトを残しました。

+ Read more

一方、ST1000クラスにフル参戦する石塚健選手ですが、マシン調整の問題から当初予定していたM 1000 RRが間に合わず、やむを得ず前年まで使用していたS 1000 RRでの参戦となってしまいました。しかし、石塚選手は、昨季までチームに所属していた渥美心選手の代役として鈴鹿8耐や全日本選手権にも参加した経歴を持つライダーとあって、チームやメカニックとのコミュニケーションもスムース。34台ものマシンがエントリーしたST1000クラスで予選8位を獲得します。4月2日に開催された決勝レースでは序盤こそペースが上がらず苦戦しましたが、粘りの走りを見せて7位でフィニッシュしました。

+ Read more
spinner