全日本ロードレース選手権

日本を代表するロードレース選手権「MFJ SUPERBIKE:全日本ロードレース選手権」はMFJ=日本モーターサイクルスポーツ協会が運営するロードレースです。

MFJはFIM:世界モーターサイクリズム連盟が公認する日本の代表機関で、全日本ロードレース選手権は1962年にスタートし、1967年からシリーズ戦を開催しています。これまで多くのライダーがこの選手権から世界へと羽ばたつとともに、日本国内のモータースポーツ振興において重要な役割を果たしてきました。

現在の全日本ロードレース選手権は、すべて4ストロークマシンで開催されています。250cc単気筒マシンによる「J-GP3」クラス、401cc~600ccの4気筒マシン&600cc~750ccの2気筒マシンによる「ST600」クラス、600cc~1000ccの4ストローク4気筒マシンと750cc~1000ccの3気筒マシン、そして850cc~1200ccの2気筒マシンによる「ST1000」&「JSB1000」クラスの計4クラスを設定しています。

+ Read more

「ST1000」「JSB1000」クラスにはS 1000 RRが出場可能

「ST1000」「JSB1000」クラスにはS 1000 RRが出場可能

BMW Motorradの4気筒スーパースポーツモデルS 1000 RRは、全日本選手権ではST1000クラスJSB1000クラスに出場が可能です。

JSB1000とST1000の違いは車両規定にあります。国内ロードレースの最高峰となるJSB1000クラスは世界耐久選手権のEWCクラスと関りが深いクラスで、改造範囲も広くタイヤも様々なメーカーのスリックタイヤを装着しています。また、かねてからメーカーのファクトリーチームも数多く参戦していることで知られています。

一方のST1000クラスはJSB1000クラスに比べると改造範囲が狭く、例えばブレーキのキャリパーについては市販車と同じものを使用する必要があります。世界耐久選手権のSSTクラスに関りが深いクラスです。

全日本ST1000クラスはタイヤもワンメイクの市販品のスリックタイヤを使用するため、市販車のポテンシャルがそのままレースでの優劣に直結するクラスとなるのです。

+ Read more

TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW

「ST1000」「JSB1000」クラスにはS 1000 RRが出場可能

「ST1000」「JSB1000」クラスにはS 1000 RRが出場可能

2021年の全日本ロードレース選手権では、TONE RT SYNCEDGE 4413 BMWがS 1000 RRでST1000クラスへ2台体制でフル参戦しています。

また、同チームでは鈴鹿8時間耐久のSSTクラスへの出場権利2019年の鈴鹿8時間耐久レースにて取得(SSTクラス優勝 BMW S 1000 RR)しており、鈴鹿のJSB1000クラスへST1000クラスの車両でスポット参戦しております。

+ Read more

TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW チーム体制

「2021年MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ」でST1000クラスに参戦する「TONE RT SYNCEDGE4413 BMW」は、これまで全日本選手権をはじめ、鈴鹿8時間耐久ロードレースにBMW S 1000 RRで参戦を続けてきたレーシングチームです。

+ Read more

監督を務めるのは山下 祐さん。2021年シーズンのライダーはベテランの星野 知也選手と若手ホープの渥美 心選手です。

星野選手はベテランとして円熟味のある走りを見せる選手で、レインコンディションでの鋭い走りでもロードレースファンを沸かせる存在。一方の渥美選手は、若さあふれるアグレッシブな走りが持ち味で、そのポテンシャルの高さは星野選手も認めるほど。

+ Read more

 

+ Read more

全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎ

2020年4月4日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで「2021年MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦」が開催されました。

2021年シーズンの全日本選手権では、ST1000クラスに「TONE RT SYNCEDGE4413 BMW」から星野 知也選手と渥美 心選手がS 1000 RRで参戦しています。

 

+ Read more
渥美選手が8位、星野選手は25位のリザルトを残しました。

決勝当日のツインリンクもてぎは曇りときどき雨という天候で、ST1000クラスの決勝レース直前になってウェット宣言が出され、周回数は規定の14周から12周へ。両選手はレインタイヤを選択して決勝レースに臨みました。

ぱらぱらと雨が落ち始めるなかでスタートしたレースは、予選5番手の渥美選手がすばらしいスタートを決めて、2コーナーを抜けた段階でトップに立つと、その後6周に渡って2位以下を大きく引き離す独走体制に。11番手スタートの星野選手もスタートから追い上げて一時は3位にまで追い上げる快走を見せます。

しかし、レース中盤になると路面は徐々に乾き始めます。レインタイヤを選択した両選手は苦しい戦いを強いられましたが、渥美選手は8位入賞でフィニッシュ。星野選手はヘアピンでコースアウトを喫したものの、その後は粘りの走りを見せ、25位でチェッカーを受けました。

+ Read more

全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦鈴鹿サーキット

2021年4月24日(土)25日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで「2021年MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦」が開催されました。

+ Read more
渥美 心選手が12位、星野 知也選手は15位のリザルトを残しました。

今季初の2レース制となる第2戦で「TONE RT SYNCEDGE4413 BMW」は2年ぶりにJSB1000クラスへのエントリーしました。国内最高峰クラスとあって激戦が繰り広げられるJSB1000クラス。土曜日に行われたRace 1では渥美 心選手が12位、星野 知也選手は15位のリザルトを残しました。

翌25日(日)に開催されたRace2では渥美選手が13位でフィニッシュ。星野選手は1周目の130Rで転倒を喫してリタイヤに終わりました(幸いにも怪我はなし)。

鈴鹿8時間耐久ロードレースへ向けて貴重な実戦となった今回。両選手ともに確かな手応えを感じた2日間となったようです。

+ Read more
spinner