HP4 RACE

10,000,000円
メーカー希望小売価格
(消費税込)

メーカー希望小売価格は消費税率8%に基づく価格です。メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。 詳しくは販売店にお問い合わせください。

*写真のモデルはオプション装備を使用している場合がございます。*写真のモデルは一部日本仕様と異なる場合がございます。*サーキット専用。

BMW HP4 RACE

エンジニアリングの頂点

HP4 RACEはただのパーツの集まりではない。このバイクはピュアな情熱そのものです。開発段階からレーストラックまで、情熱こそがこのバイクをHP4 RACEたるものに成し遂げました。イノベーションを推し進め、限界を超えることを使命としています。 このHP4 RACEはフルカーボンフレームとフルカーボンホイールを搭載する世界で初めての量産市販モーターサイクルです。わずか146kg(乾燥重量)の車体で、158 kW (215 HP)のエンンジンパワーを発揮するこのバイクは、750人のエンスージアスト(熱狂的な愛好者)のためにハンドメイドで製造しました。モーターサイクルの夢が実現したのです。

750台のピュア・パフォーマンス

HP4 RACEは優れたエンジニアリングのマスターピースです。750台限定エディションのレーシングマシンは、1台1台が我々のスペシャリストによりハンドメイドされ、シリアルナンバーのステッカーが装着されます。

このバイクは、その価値を共有でき、限界を超えさらに先へ行く人のためにのみ生産された、まさに凝縮された情熱です。

限界を超えていく人は、その要求をHP4でのみ満たすのではなく、求めるものさえも再定義します。そんな人はわずかにしか存在しません。正確にいうと、世界に750人です。

+ Read more

ライトウェイト・モーターサイクルの新しいベンチマーク

HP4 RACEのフレームはエンドレスなカーボンファイバーで作られ、ステアリングヘッドからスイングアームピボットまでが一体成型により、一般的なフレームと比べ40kgの軽量化を実現しています。BMW HP4 RACEのカーボンテクノロジーは見かけではなく、その特性が重要です。機能性に基づいた捩れと剛性を設計時に算入して作られました。アルミニウムのように頑丈でスチールのような強度があります。カーボン素材の全ての優位性はタイヤに影響を与え、特に柔軟な走りを可能にします。

+ Read more

HP4 RACEのデザイン

HP4 RACEの佇まい。希少価値のモチーフ。

細部に至るまでの完璧さ

レーストラック用に開発された HP4 RACEの自立式のカーボン製フロントは、ラムエアを後方に搭載するスプリットされたアグレッシブな顔つきで向かい風を吸い上げます。ドーム型のウインドウスクリーンはライダーの最適な安全を守るためのストリームラインを形成。カーボン素材と塗装の完璧な相互作用はHP4 RACEを絶対的に際立たせ、置いてあるだけで賞賛を受けるでしょう。新しさはカラーにも現れ、HP4 RACEでは、新しいHPモータースポーツのカラーとしてライト・ホワイト・ユニ / レーシング・ブルー・メタリック/レーシング・レッド・ユニが採用されています。

+ Read more

4ストローク並列4気筒エンジン

158
kW (215 HP) / 13,900 RPM (最大回転速度14,500 RPM)
999
cc 排気量
120
N/m トルク
14,500
U/min 最大トルク
HP4 RACE水冷4ストローク並列4気筒エンジン

最高のパフォーマンスのためのハンドメイド

最高のパフォーマンスのためのハンドメイド

ベルリンでハンドメイドによって製造されるHP4 RACEのエンジンは、遠く離れたWMとWorld SBKのエンジンにさらに開発を重ねたものです。 そのエンジンは158 kW (215 HP)を誇り、最大回転数は14,500回転、最大トルクは10,000回転で120Nmに達します。

BMWの技術者による試運転とテストスタンドでの計測の後にオイル交換を含む初回の点検を行い、エンジンは内視鏡で確認され、イグニッションタイミングとバルブクリアランスが再度調整されます。それは、納車時点からHP4 RACEはレーストラックでフルポテンシャルを発揮できることを意味します。

+ Read more

HP4 RACEのサウンド

レースキャリブレーションキットのソフトウェア
  • レースキャリブレーションキットのソフトウェア
    ZIP   |   56.37 MB

HP4 RACEのハイライト

ディテールのハイライト
  • パワーとパーフェクション。エンジンハウジングは "熱間等方圧延" で、各パーツに加圧して最小のエアポケットまで排除しています。軽量で高強度のモータースポーツ仕様スチール製コネクティングロッドは、0.5 gで一対となり、細かくバランスの取られたクランクシャフト内を動きます。また、4ピストンが一組となり、回転速度と負荷の上昇に耐えられるように最適化されています。柔らかい0W40エンジンオイルとの組み合わせにより、オイルポンプの最大限に調整された油圧が、6 barから5barに減圧され、出力損失を大幅に抑えます。どのHP4 RACEエンジンについても、限界領域まで燃焼テストが行われます。エンジンを積んでから、シリンダーに内視鏡を入れて、シリンダーヘッドにピストンが接触した形跡がないか調べます。テストスタンドに積まれたエンジンは、すぐに走り出せる完全なセッティングが行われているのです。

  • 最高レベルの制動性能。Brembo GP 4 PRブレーキキャリパーは、Moto GPレースで名を馳せました。直径320 mmのTフロートレーシングブレーキディスクを使用しています。厚さ6.75 mmのこのディスクで、最大限のブレーキ荷重に耐えます。モノブロックブレーキキャリパーは特に温度耐性に優れ、摩擦低減チタンピストンで制動性能を仕上げています。ブレーキキャリパーには、Brembo(ブレンボ)/04レーシングパッドが取り付けられています。

  • 6速のEVOギアボックスは、ストロークが短く、セカンダリーのトランスミッションが含まれています。ギヤボックスは、HP RACEギアシフトアシスタントPROによって制御されています。スプリングアクチュエーターがないことから、ライダーは、ギアを変える度に確かなフィードバックを感じます。レーシングスポーツでよくあるパーツの逆付けはなくして、最初から逆シフトの1アップ6ダウンです。必要に応じて、ギアチェンジ機構を正シフトに変換できます。ウィリーコントロールと最大エンジントルクは、各走行モード(WET、INT、DRY1、DRY2)に応じて調整されます。ピットレーンリミッターは1速を選択するとすぐに使えます。停止状態のときは、ローンチコントロールも自動的に作用します。これは、ライダーがレースのスタートに完全に集中できるようにするためのものです。

  • HP4 RACEの1台1台に、固有のシリアル番号があり、フォークブリッジの所定の位置にあるカーボンプレートに刻印されています。HP4 RACEの機能的なシャーシは、あらゆるサーキットに合わせて調整できます。可変式オフセット調整を使用して、26~32 mmおよび30~28mmのデポジターストーンの初期値30mmを調整できます。ステアリングヘッド角度は、65.5 °で、標準モデルよりも0.5°フラットになっています。これは、+0.5°~+1°の間で調整できます。この設定により、アフターランを95~112 mmにすることができます。

  • 切削加工のアルミボタンパネルは、特別な操作精度で、重要なライディング設定をすべて利用可能にします。左ハンドル側で、ダッシュボードディスプレイ画面を切り替えて、DTCとEBRのすべての設定ができます。走行モード(WET - INT - DRY1 - DRY2)に関する両方の設定、スタートボタン、ピットリミッター、およびキルスイッチは、ハンドル右側にあります。

  • あらゆるライダーのための人間工学的な最適化。標準のシート高は831mmですが、-15mm~+15 mmの間で調整でき、一番低くすると816mm、一番高くすると846mmになります。さらに、切削加工のフットレストシステムは8段調整式です。ハンドルのテーパーも、15°ずつ調整できます。

  • ダイナミックトラクションコントロールは、ポジションの調整が行われたリーンアングルセンサーからの情報を受けます。トラクションは、+7~-7の間での4段調整式となっています。走行モード(WET - INT - DRY1 - DRY2)は、ギアのプログレッシブマッピング、相対的な最大トルク、およびウイリーコントロールの仕様に応じて異なります。EBR(エンジンブレーキ)とともに、制動と加速の特性を調整して、サーキットの条件に合わせて最適化できます。 

  • カーボンファイバーリムにより鍛造アルミホイールよりも1540 g軽量化されています。コーナリング時や制動時には、特に円周方向についてホイールの質量が大幅に抑えられていることが感じられます。素材同士の接続には、アルミ製のチェーンストラップマウンティングなどのアドオンパーツを加圧収縮して、正確な取り付けを確保しています。これにより、インサートによる解決策を完全に回避して、安定性を一段と高めています。

  • 乾燥重量146キロ(DIN規格のタンク内に90%の燃料入りで171 kg)は、工夫を凝らした結果です。各コンポーネントの重量を最適化し不要なものは排除しました。1グラムの節約のために、機能を確保しながら、改善できるかどうかを考えながら、小さなディテールまで徹底的に調べ上げました。例えばエンジンとフレームにはチタン製のボルトを使用していますが、サイズを6、8、および10とすることで、重量を節約するだけでなく必要な工具も節約しています。

HP4 RACEのディテール

技術者が語るHP4 RACEの詳細

動画へ

ベルリン工場の見学

HP4 RACEが造られた裏舞台

動画へ