バイクの乗りこなし、とりわけ、信号待ちや体重移動時には安定性が重要なポイントになります。安定性を左右する主な要素として、次のポイントが挙げられます。
 
  • 車高:エンデューロ系のモデルは、スプリングトラベルが長いために、全体的に車高が高くなっています。
  • 重量と重心:BMWのモーターサイクルは重心が非常に低いため、安定性に優れています。
  • シート前部幅:BMW Motorradのシートは、乗降りしやすいように前部の幅が狭くなっています。

シート幅が広くなるほど、ステップアーチレングスが大きくなります。つまり、シートの高さが同じでも、シート幅が異なるために、両足を地面に着けられる場合と、つま先が着くのがやっとの場合が出てきます。足つき性はシートの高さだけでなく、シートの幅にもすべてが左右されるということです。 BMW Motorradはこの点を認識して、シートの設計に取り入れました。その結果、快適さを維持したままの、足つきの良いバイクとなっています。 BMW Motorradの車高を下げる方法は2つあります。調整可能なスプリング・ストラットをライダーがみずから下げる方法、そして、工場オプションで専用のローダウンキットを使う方法です。
一部のモデルではシートの高さは、シングルシーター用のアジャスタブルシートブラケットを使用すると調整できます。これは、快適さを維持したまま、道具を使わずに簡単に調整できる方法で、シート高を30mmまで下げることができます。 BMW Motorradでは、シート自体の厚さを選ぶ事もできます。オプションアクセサリーとしてレトロフィットすることで、シート高さ30~40mm調整できます。
+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細