コミュニケーションシステムは、M-ASK-Hユニット、ヘルメット用のマイクロフォンと2つのスピーカー、およびニッケル水素充電池(10~12時間の連続運転時間)で構成されています。このシステムは、ヘルメット背面にちょうどよくフィットする3ボタン式モジュールで制御します。
BMW Motorradコミュニケーションシステムの用途は、ライダーと同乗者の間のコミュニケーションだけでなく、その他のBluetooth対応デバイスとの通信も可能にすることです。例えば、同乗者と会話ができるほかに、ライダーはBMW Motorrad Navigatorからのナビゲーションを聞いたり、Bluetooth対応のデバイスで通話したり、音楽を聴いたりすることができます。
BMW Motorradコミュニケーションシステムはまた、バイク同士の通信も可能です。音質には若干の限界がありますが、環境条件に応じて、最長100メートル範囲内にいるバイクとの通信ができます。距離が開き過ぎたり環境条件が悪くなったりして、接続が途切れても、バイク同士が範囲内に戻れば、自動的に接続が回復します。
+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細