タイヤの空気が抜けた状態で走ることは、極めて重大なミスを誘発します。ハンドリングが鈍くなれば危険であることはベテランなら十分に承知していることです。当たり前のことですがタイヤの空気圧は定期的に、またロングツーリングに出かける前に、必ず確認する必要があります。例えばバルブが損傷していたり、異物が刺さったりして、突然でも徐々にでも空気圧が減る可能性はいつでもあり、大きなリスクを持っています。

BMW MotorradのRDCは、継続モニタリングとともにタイヤの空気圧を継続的にモニタリングして、リアルタイムでアップデートします。ボタン1つでメーターパネルに数値が表示されることから、ガソリンスタンドで手を汚しながら空気圧をテストする煩わしさから解放されます。車輪の無線センサーが必要なデータを供給し、RDCにはアクティブ警告機能もあります。所定値からの逸脱が検知されると、黄色の通知灯または赤色の警告灯が点灯し、空気圧が減っていることを自動的に示します。加えて、警告はタイヤが依然として安全な範囲内にはあるけれども空気圧が急降下しているときにも点灯します。センサーが故障した場合でもそのことがすぐに警告されます。RDCは安全のための重要な機能のひとつと言えます。

+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細