1923年。

1923年。

飛ぶことよりも...

航空機製造メーカーとしてBMWの歴史の幕開け。しかしこの時点ですでにエンジニアによって、マイルストーンとなる最初の二輪車R32が誕生しています。当時は出回っていた「エンジン付き二輪車」ではなく、モーターサイクルにとして全く新しいコンセプトでした。卓越したフレームコンセプトとエンジンが設計の真髄にありました。

+ Read more

見る側から見られる側に。

航空機製造メーカーとしてBMWの歴史の幕開け。しかしこの時点ですでにエンジニアによって、マイルストーンとなる最初の二輪車R32が誕生しています。当時は出回っていた「エンジン付き二輪車」ではなく、モーターサイクルにとして全く新しいコンセプトでした。卓越したフレームコンセプトとエンジンが設計の真髄にありました。

+ Read more

1924年。

1924年。

ブレーキ。

今までより、もっと楽に。

R39の生産開始時に、R39は、後輪の制動に、一般的なウェッジフットブレーキではなく、外部フットブレーキを初めて採用することで、ライダーがもっと安全に無理なくブレーキがかけられるようにしました。

+ Read more

1935年。

1935年。

改善された走行安定性と乗り心地。

BMWはサスペンション技術においても先駆者です。R 12ツーリングモデルとR 17スポーツモデルで、油圧ダンパーを組み込んだテレスコピックフォークを世界で初めて採用しました。一般的なリーフスプリング式フォークから置き換わったもので、走行安定性と走りの快適さの改善に大きく貢献しました。

+ Read more

1936年。

1936年。

インテリジェントな軽量構造。

R5(500cc)スポーツモデルで、円錐形に描かれた楕円パイプのフレームが初めて登場しました。インテリジェントな軽量構造です。同時に、このフレームを生産するための新しい溶接プロセスが導入され、これは、極めて革新的な製造手法として、その後何年にもわたりトレンドを生むことになります。軽量構造のメリットは、高剛性、低重量であるところです。

+ Read more

1955年。

1955年。

高い走行安定性。もっと快適に。

R 50とR 69モデルの標準生産において、画期的な完全なスイングアームシャーシが初めてBMWによって採用されました。これはそれまでの乗り心地の良さと走行安定性の高さを確証するものでした。また、曲げ耐性に優れることから、サイドカーライダーに最も人気がありました。

+ Read more

1960年。

1960年。

間違いなく最速のドイツ製スーパーバイク。

標準生産初めての油圧式ステアリングダンパーで最大限の走行安全性を確保しました。これは、R69 Sで初めて装備され、当時最速のドイツ製スーパーバイクでした。ステアリングダンパーは低速時にオフにして、操作性を改善することさえもできました。

+ Read more

1961年。

1961年。

完全カスタム仕様:アクセサリーとオプション装備。  

BMWのバイクに個性を持たせたいという声に、出荷時に取り付ける特別アクセサリーやオプション装備という形でBMW Motorradが応えました。50年代は、クラッシュバーとケースホルダーがレンジバックにディーラーで取り付けていましたが、1961年から工場オプションになりました。現在は、豊富なアクセサリーとオプション装備を活用して、自分らしいBMWバイクにすることができます。

+ Read more

1973年。

1973年。

フラッグシップテクノロジーでデザインアイコンに。  

R 90 Sで最初のダブルディスクブレーキを前輪に標準装備として取り付けました。同時に、/6シリーズのH4ライトを発売しています。そうすることで、道路交通の安全性を確実に向上させています。

+ Read more

1976年。

1976年。

世界初のフルフェアリングを標準装備。

R100 RSでは、空気力学分野の風洞実験における新しい発見を駆使し、一連のモデルに飛躍をもたらしました。
世界で初めて空気力学的に最適化されたフルフェアリングの標準生産という形で実を結びました。空気抵抗とヘルメットにかかる負担が減ることから、特に、長距離ライダーからの人気を集めています。

+ Read more

1978年。

1978年。

最初のライダーコレクション。

ヘルメットからバイクまでスタイリッシュかつ安全に走る。それが70代からBMW Motorradが重視してきたことです。1976年、BMW Motorradは、フルバイザーヘルメットで新時代の門戸を叩きました。1978年、最初のライダー装備一式が、オプションとして販売されました。デザイナーとエンジニアは現在も、保護、安全性、機能性、そしてイノベーションをカジュアルなルックスとコーディネートすることに力を入れています。

+ Read more

1979年。

1979年。

グリップヒーターがもたらす快感。

グリップヒーターは当初、物笑いの種でしたが、現在では欠かせない機能として定着しています。手が温かい方が反応も素早くなるため、駆け抜ける歓びと安全性を高めるものであることが実証されています。

+ Read more

1980年。

1980年。

絶妙な振動。

R 80 G/Sは、最初の2気筒トラベルエンデューロとして、新しいセグメントの始祖となりました。以来、G/Sは、果てしないバイクのアドベンチャーを代表するものとして君臨し続けています。片持ちリアスイングアームが取り付けられた最初の大型バイクで、重量が同じでも、従来の両持ちスイングアームと比べて、ねじり剛性が50%アップしていることが特徴です。後輪を手早く交換しやすいことも、大きな利点です。

+ Read more

1981年。

1981年。

2つのヘルメットを一体化。

世界初のバイク専用フォールディングヘルメットが2つの特性を一体化。あごの部分を取り外しやすくして、ジェットヘルメットまたはフルフェイス型ヘルメットとして使うことができます。そうすることで、ヘルメットの着用率を高め、使う上での快適さを確保しています。

+ Read more

1986年。

1986年。

防水性ライダースーツ。

BMWから世界で初めて登場したGore-Texライダースーツはバイク業界に興奮と革命をもたらしました。

+ Read more

1987年。

1987年。

パラレバー。サスペンション技術における新段階の革命。

パラレバーと呼ばれるBMW Motorrad設計のダブルジョイントスイングアームは、サスペンションに伝わる不要な駆動力を実質的に排除しました。1987年式のR 80 GSとR 100 GSでそれが実証されています。

+ Read more

1988年。

1988年。

世界で初めてバイク専用のABS。

BMWは、1988年に世界で初めてABS搭載バイクを市場に出したに装備したメーカーです。そうすることで、BMWはバイク生産の新たな業界基準の立役者となりました。2013年モデルからは、すべてのBMWバイクにABSが標準装備されています。

+ Read more

最初のデジタル電子制御。

BMW K1は、その空力学的な恩恵を受けたバイク造りのマイルストーンです。デジタル電子制御も初めて登場しました。モトロニック制御ユニットは、イグニッションとインジェクションを組み合わせて電子制御化することで、燃費を確保し、規制付きの触媒コンバーターを使用するための要件を満たしました。

+ Read more

1990年。

1990年。

バイクのための画期的な環境技術。

規制対応の三元触媒コンバーターは当初、デジタル電子制御付きのKモデルの特別装備として予めオーダーすることができました。BMWは世界で初めて、規制対応の触媒コンバーターをバイク向けに提供しました。2000年以降のモデルには、BMW Motorradの全車種に、規制対応の触媒コンバーターが標準装備されています。

+ Read more

1993年。

1993年。

制動距離の短縮。

BMW R 1100 RSは、パラレバーリアホイールスイングアームと組み合わせたテレレバーフロントサスペンションを搭載した最初の標準生産バイクです。ここで、テレレバーは、機械的なアンチダイブシステムのように作用し、フルブレーキ時でも最適なグリップ感をもたらしました。ABSと相乗して、制動距離を再び大幅に短縮しました。

+ Read more

1998年。

1998年。

世界で初めての楕円体技術によるダブルヘッドライト。

世界で初めて、楕円体技術によるダブルヘッドライトをバイクの標準生産に組み入れ、道路の照光を改善しました。

+ Read more

2004年。

2004年。

最初の電子制御フレーム。

電子制御サスペンション(ESA)は、シリーズ生産のBMWバイクにおけるエレクトロニクスのイノベーションです。K 1200 Sで初めて登場し、現在は、二気筒、四気筒、および六気筒バイクの大部分で利用可能です。ESAにより、走行状況や荷重状態に応じて、サスペンションのセットアップをボタン1つで電子的に調整できます。路面状態が可変である場合に最適で、ESAは絶妙なダンピング特性、最適化された性能、最高レベルの走行安全性を発揮します。

+ Read more

2005年。

2005年。

完全につながっている。

BMW Motorradシングルワイヤーシステム(SWS)と組み合わせのCANバス技術は、1本のデータラインのみを必要とするデータ接続コンセプトです。二地点間接続よりも優れている点は、ケーブル配線を大幅に削減して、機能の範囲を広げられることです。 デジタルデータトラフィックの他の利点は、軽量化、高い干渉耐性、完全な診断能力、ライダーのための情報量です。

+ Read more

2010年。

2010年。

アダプティブヘッドライト。

BMW Motorradは、世界で初めて、バイク専用のアダプティブヘッドライトを工場オプション装備として提供しました。すなわち、道路や曲がり角を照らして、薄暗い時や夜間に安全に走るための光です。

+ Read more

2014年。

2014年。

最初の電子制御式マキシスクーター。

妥協することなく未来のアーバンモビリティを、今から堪能できるBMW C evolution。この電子制御式マキシスクーターは、サステナビリティ、ダイナミクス、アジリティを融合します。パワフルで完全電気式の駆動機構が、ライダーを目的地まで軽々と運びます。エミッションや騒音はもう過去のものです。最大限の走行性能、環境適合性、そして革新技術。どれも、妥協することなく「駆け抜ける歓び」のために生まれてきたC evolutionです。

+ Read more

テクノロジーのすべて。

BMWモーターサイクルの魅力を支えるもの。

詳細
刺激的なGSストーリーはまだまだあります。