R 12
CUSTOM PROJECT
“BUILDERS”

BMW MOTORRAD PRESENTS

BMW Motorrad×RISER MagazineによるR 12カスタムプロジェクト。

今回カスタムビルドを手がけるのは、この4人のビルダーだ。

数々のカスタムショーでの受賞経験を持つ名うてのビルダーをはじめ、ハイクオリティなオリジナルパーツを製作するカンパニー、世界的なカスタムショーをオーガナイズする著名ブランド、日本にビーチレースを根付かせたローカルコミュニティまで個性豊かなビルダーたちがBMW MotorradのR 12に自身のアイデンティティを注ぎ込む。

4人のビルダー紹介

Hamans Custom

「60年代コーチビルドの空気をどこか匂わせる仕上がりに」

 

HAMANS CUSTOM 松本真二

古き良きモーターカルチャーの黄金期たる1960年代に心酔し、往時のコーチビルダーたちが作り上げたカスタムバイクにこそ絶対の美を見出すHAMANS松本真二。それゆえ彼の生み出す造形には四輪カスタムシーンからのインスピレーションやテクニックが色濃く反映されており、それらを巧みに昇華する独自の感性と相まってHAMANSの名を唯一無二たらしめている。旧車専科であるため高年式車両のフルカスタムを手掛けること自体が極めて稀な試みだ。しかし松本は「不安もあるがそれ以上に楽しみの方が大きい」と溢れる意欲を見せる。R12に黄金時代の息吹を投影するという離れ業をいかなる着地でもって我々に披露してくれるのか、期待は尽きない。

+ Read more

カスタムショーに出展すればアワード常勝のHAMANS。こんなにも滑らかな造形が金属で表現できるのかと感嘆を禁じ得ないカスタムは、優れたファブリケーションスキルによる手作業で生み出されている。初対面のR12を前に松本はタンク裏の形状など細かな箇所を確認し、カスタムの道筋をたどり始めていた。

+ Read more

MOONEYES

「エンジンの造形を活かしスピードの世界を表現したい」

 

MOONEYES 田崎勝也

我が国最大にして世界屈指の規模を誇るカスタムの大祭典“YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW”の主催としてその名を轟かせるMOONEYESも此度のプロジェクトの一翼を担う。シーンに深い造詣を持つ同社がR12をビルドする要人として白羽の矢を立てたのが、KATIE'S CUSTOMSの田崎勝也だ。ホットロッドに傾倒する田崎のカスタムはスピードを意識させるフィニッシュながら、誰が見ても「カッコいい」と溜め息を漏らすような端然たる佇まいが特徴。「BMWはやはりボクサーエンジンの造形が独特なのでそれを活かしつつ、MOONEYESとは切っても切れないスピードの世界を表現したい」とプロジェクトに懸けるビジョンを語った。

+ Read more

MOONEYESからはプロジェクトの取りまとめ役としてゼネラルマネージャーの角 正和、モーターサイクルに対する深い知見を活かしたご意見番として前田宏之が直接的に参画する。ホットロッドという共通項をカスタムの原風景に抱く3名のケミストリーは果たしてどう帰結するのだろうか──。

+ Read more

Trijya Custom Motrcycles

「パーツ開発を念頭にした誰にも手の届くカスタムを」

 

Trijya Custom Motrcycles 岡本佳之

TRIJYA代表の岡本佳之を単にビルダーと表現するのには語弊がある。同社は金属加工を含むカスタムからエンジンワーク、シート製作、CADを用いたパーツ開発に至るまで、多岐に渡る専門職が一堂に会した技能集団であり、岡本は「彼らが仕事をしやすい環境を作る」言わばプロデューサーなのだ。当プロジェクトに際しては、道交法に準じて装着できるアフターパーツの開発を念頭に置いており、つまりTRIJYAがビルドするR12カスタムの完成形はエンドユーザーに向けたデモバイクとなる公算が大きいわけだ。パーツメーカーでもある同社らしいアプローチであると言えるだろう。R12の購入を検討しているオーナー予備軍はその動向に刮目されたし。

+ Read more

TRIJYAはBMWオーナーにも馴染み深いJEKILL & HYDEマフラーの日本総代理店を務めることでも知られる。各部門のプロフェッショナルたちを擁する同社が生み出すカスタムは、綿密な連携により極めて高い完成度を誇る。TRIJYAという技能集団がR12をどのように昇華するのか、今から楽しみでならない。

+ Read more

Chirihama Sandflats

「砂上を疾走するドラッグレーサーのイメージ」

 

Chirihama 西田/高山/長田/工保

波の打ち寄せる砂浜を舞台に、およそ1/10マイルの直線をフルスロットルで駆けぬける刹那のレース“CHIRIHAMA SANDFLATS”。1969年以前に製造された、いわゆるヴィンテージバイクのみに出走を制限しているため弊誌読者に馴染みは薄いかもしれないが、世界的に注目を集めている一大イベントだ。主催の一角であるHWZN代表の西田靖伸は「普段は古いバイクばかり触っているので一抹の不安もあったが、R12のフレームのデザインを見たときにこれはサンドドラッグレーサー的なカスタムに振れると確信した」と手応えを語る。コンマ数秒を争う砂上の闘争に懸ける男たちが描き上げるR12の錬成とはいかなるものか、完成を心待ちにしたい。

+ Read more

バイクパーツやアパレルを製造販売するHWZNの西田、オールドレーサーに傾倒するカスタムショップWHEELIESの長田 / 高山の両名、そしてモーターカルチャーの文脈に沿ったセレクトショップCANVASの工保の4名がCHIRIHAMAの運営陣だ。いずれも千里浜を擁する北陸のシーンを活気づける名店である。

+ Read more
spinner