初心者なのか経験豊富なライダーなのかに関係なく、ABSは緊急の状況で、タンデムや荷物を積んでいる時などに関わらず、基本的にはあらゆる条件でブレーキをかけやすく安全にします。ABSによって車輪がロックされて転倒する危険性なしに、常に最適な制動距離が得られます。

バイクの種類に応じて、さまざまなBMW Motorrad ABSブレーキシステムが採用されています。どのシステムも、電子制御油圧装置によって緊急ブレーキングコンディションでの車輪のロックを確実に防止します。ホイールセンサーは前輪と後輪が回転している速度を測定するので、どちらかの車輪がロックしているかどうかをすぐに識別することができます。センサは測定インパルスをプロセッサに転送し、プロセッサは前輪または後輪の油圧ブレーキサーキットの圧力モジュレータを作動させます。作動中はブレーキ圧力をほんの一瞬で減少させ、そしてそれを再び増加させます。これは、車輪がロックする限界に達するのを止めつつ、ABSの制御範囲内で最適な制動力を提供します。

BMW MotorradインテグラルABSは、I-ABS Iバージョンのブレーキサーボと連動します。電動油圧ポンプは、ブレーキレバーとシリンダーによって発生するブレーキ圧をアシストします。 2007年以降に製造されたモデルには、I-ABS IIというブレーキサーボなしで機能する新しいより精密なコントロールシステムが装備されています。パーシャリー・インテグラル・ブレーキシステムでは、ハンドルバーレバーが前後両方のホイールにブレーキをかけますが、フットブレーキは後輪ブレーキにのみ作用します。モーターサイクルのテストレポートでよく紹介されているように、ABSシステムは従来のブレーキシステムに比べて安全性が明らかに向上します。

ブレーキサーボおよびアンチロックブレーキシステムの制御電子機器および油圧装置は、インテグラルブレーキのセントラルプレッシャーモジュレーターに収納されています。合計3つのプロセッサが、システムの最高レベルの安全性を保証します。 2つのマイクロコントローラが制御システムを並列に制御し、3台目がプロセスをモニタリングします。イグニッションがオンになるたびに、システムはセルフテストを実行します。その間、ABSインジケータライトがコックピット内で点滅します。スピードセンサーが対応する信号を送信するとすぐに消灯し、システムは問題なく動作します。

オフロード走行のために、BMW MotorradのABSは、一部のモデルではセルフテスト中にABSボタンを押すことで簡単にカットオフすることができます。

+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細