アダプティブヘッドライトにはサーボモーターが含まれ、ミラーの可動を可能にします。このミラーが、車体の傾きに応じて軸の周りを回転し、バイクのロール角を補正します。また、これにより、ロービームも傾きとピッチング(縦揺れ)の両方補正します。両方の動きが重なり合うことで、ライトがコーナーの奥まで届き、コーナリング時の見通しが極めて良くなりアクティブセーフティを大幅に高めています。

バイクの傾きは、リーンアングルセンサーによって測定されます。CANバスを通じて伝えられる情報は、ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)でも活用されています。これらに用いられている複雑なアルゴリズムは、BMW Motorradが独自に開発した、BMW Motorradだけのテクノロジーです。

+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細