シングルワイヤーシステムと組み合わされているCANバスは、1本のデータラインのみを使用するネットワーク概念に基づいています。この「バス」という単語は、路線バスに由来し、バスの路線上にある停留所のように、それぞれの制御装置が1本のデータラインでつながっているためシステム内のすべてのデータに常時アクセスできます。
この技術の基本原理は、将来的な機能に関係なく、すべての制御ユニット、センサー、および製品が、一本の共有チャンネルによってネットワーク化され、このチャンネルにすべての信号が収束されるというものです。つまり、このネットワークに接続している各コンポーネントについて、あらゆる情報をいつでも利用できる仕組みとなっています。
ライダーはSWSデータにもアクセスでき、インフォメーションディスプレイにさまざまな情報を読み出すことができます。ディスプレイには、選択したギア、燃料レベル、油温、時刻、さらに予備燃料タンクを使い始めるまでの走行可能距離などが表示されます。また、フォトセルが周辺の明るさを感知して、環境に応じて装備の照明を自動的に調整します。コックピットにはアナログファンにも魅力的な、円形で白色の文字盤式のスピードメーターとタコメーターが付いています。
+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細