25~80km/hの車速で走行中に他の車両との距離が5m以内になり、かつ速度差が10km/hの場合に、このSVAが作動して注意を促します。他の車両がこの範囲内に入ると同時に、その車両がいる側のミラーの根元にある警告灯が点灯します。また、車線を変更する場合に、その範囲内に他の車両がいる側にウィンカーを出した場合でも、警告灯が点滅し始めます。 これにより、周辺の交通状況を把握し、死角にいる車両をタイミングよく認識することができます。結果として、この画期的なシステムは快適性を大幅に高めますが、ライダーによるバックミラーや死角の確認を無用とするものではありません。責任を持って前後左右を確認し、安全運転を心がけてください。
+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細