BMS-XはABSセンサーとコーナリングセンサーによって測定されたデータを通して前輪と後輪の速度を比較することによって回転している後輪を検出します。エンジン制御は、燃料噴射に介入してスロットルバルブに介入する事によって点火を遅らせ、駆動トルクの減少を引き起こします。

以前のBMW Motorrad ASCシステムとは異なりバンク角度は複雑なセンサーの情報によって計算され、DTCの制御動作に考慮されます。 DTCでは異なるライディングモードのそれぞれと個別にセッティングされ、常に最高の安全性を保証します。

DTCトラクションコントロールは、加速時のライダーにとって非常に大きな安全ボーナスですが、ABSと同じように物理的な限界を再定義することはできません。誤判断やコントロールミスによって物理的な限界を超えることは依然として可能で、極端な場合には転倒する可能性もあります。 DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)は何よりもあなたの安全なライディングをサポートします。レースなどの特別な条件では、DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)をオフにすることも出来ます。

+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細