テレスコピックフォークと同様に、スライダーと固定フォークチューブを持つ2つのスライダーで構成されているホイールは、実際のフォークによるアライメントです。これによって高レベルの安定性を実現しています。フレームに接続しているセミトレーリングアームが、フォークとフロントホイールを支え、中央のスプリングストラットが、サスペンションとダンピングを担います。従来のテレスコピックフォークとは異なり、テレレバーシステムのフォークは、ブレーキをかけたときや凸凹面を走行しているときの曲げモーメントを少し吸収する必要があるだけで、スライダーと固定フォークチューブが詰まり合うことはありません。

さらにこの設計は、テレレバースライダーパイプ径が従来のテレスコピックフォークに比べて小さく、重量面でのメリットがあり、極めて敏感なレスポンス特性があります。加えて、ばね下重量が減り、サスペンションの反応が早いため、凸凹路面で絶妙なグリップが得られます。

テレレバーシステムは、急ブレーキ時にフォークレッグ、つまりフロント側がすこしだけ沈むジオメトリに設計する余裕があるため、レスポンスがさらに良くなります。またABSの電子制御設計により、さらに敏感になったこともテレレバーシステムの利点です。振動するブレーキ力でも曲げ振動は起こりません。テレレバーシステムは全体で乗り心地をさらに良くし、スポーティな走りを実現し、危険な路面状況における安全性を高めています。

+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細