可変カムシャフト

可変カムシャフト

BMW Motorradのエンジンラインナップの中で新しいボクサーツインに初めて採用されたBMW ShiftCamは、インテーク側のバルブタイミングとバルブリフト量を可変する技術です。このテクノロジーの核となるのは一体成型のカムシャフト。1つのバルブに対して、部分負荷時のカムと、全負荷用カムの2種類のカムプロファイルを持ち、それぞれに最適化されたカム構造を持っています。

+ Read more

最適化されたカム

最適化されたカム

部分負荷用のカムは燃焼効率とスムースな走りに最適化されており、全負荷用のカムはパフォーマンスのために最適化されています。インテークカムシャフトのシフト(移動)によって、エンジンスピードや負荷に合わせてインレットバルブが作動します。電動機械式のアクチュエーターによって、カムシャフトのシフトはコントロールされています。

+ Read more

燃焼効率

燃焼効率

カムジオメトリーの異なる設計によって、インテークバルブの作動も変化します。 全負荷用カムは最大のバルブリフトを提供しますが、部分負荷用カムではバルブリフトを小さくします。 部分負荷用カムでは、左右のインレットバルブのインレットカムのストロークと角度位置が異なります。 この位相シフトにより2つのインレットバルブの開弁時間を遅れて作動させます。この位相シフトの利点は、燃焼室に流入する混合気がより強く攪拌し、効果的に燃焼することです。よって、燃焼効率を向上させる事が出来ます。

+ Read more

最適なオイル供給と燃料噴射

最適なオイル供給と燃料噴射

パワーとトルクを向上させるには、最適なオイル供給が必要です。2つのピストンは、エンジンオイルスプレーによってボトム冷却を行なっています。潤滑システムには可変オイル供給機構も採用されています。あらゆるライディングコンディションやシーンに合わせてオイル供給量を最適化します。また、BMW-Oデジタルエンジンコントロールも新しく設計されました。低重量でコンパクトな燃料噴射システムは電気式燃料インジェクションとデュアルジェットインジェクターを採用し、高出力で低燃費を実現しています。

+ Read more

振動を相殺するインターミディエイトシャフト

振動を相殺するインターミディエイトシャフト

先代までのボクサーツインエンジンと同様に、新型エンジンにもクランクシャフトの回転に伴って回転するバランスシャフトが搭載され、望まない振動の発生を防ぎます。バランスシャフトは中空インターミディエイトシャフトとしてデザインされており、クラッチシャフトと同時に動きます。これにより、全ての回転域でエンジンは低い振動を実現しています。逞ましいボクサーツインエンジンならではのフィーリングはそのままに、洗練されたパフォーマンスを発揮します。新しい水平対向2気筒エンジンは、1,254ccの排気量で、136PS(100kW)の最高出力を発揮します。

+ Read more

新しいボクサーツインモデル