エンジンは、相互作用する制御システムによって調整されています。極めて効果的に作用するこのシステムは、モトロニック、触媒コンバーターおよびO2センサーで構成され、排気ガスに含まれる有害物質を最適な方法で確実に低減します。触媒コンバーターは、その表面に担時金属触媒と貴金属(パラジウムやロジウムなど)がエミッション制御の触媒として使われています。

これらの貴金属には、触媒作用があり、一酸化炭素、炭化水素、酸化窒素などの有害物質を害の少ない物質に変換します。燃焼過程の空燃比は、触媒コンバータの有効性において重要な要素です。これには、燃料1に対し空気14.7の割合が理想的です。

O2センサーは、排気ガス中の残留酸素量を測定し、混合気について必要な補正信号を制御ユニットに提供します。そうすることで、環境に優しい排ガス特性を継続的に確保します。

好印象なエキゾーストサウンドと性能に基づく排気システムに触媒コンバーターが備わる事で、ライダーにとっても環境にとっても、最先端のモーターサイクルとして相応しい排気システムとなっています。

+ Read more

そのほかのテクノロジーの詳細