並列6気筒エンジンを搭載したBMW K 1600 GT。

BMWが新開発した排気量1,649 ccの並列6気筒エンジン。最高出力160PS/7,750rpm、最大トルク175Nm/5,250rpm。最大トルクの70%を1500 rpmで発生可能。心地よいクルージングとスポーティな走りを両立します。

このストレート6エンジンの重量は、オルタネーター、吸気システム、クラッチ、ギアボックスを含めても、僅か102.6 Kg。中空カムシャフトをはじめ、徹底した軽量化を行った結果、このクラスで最も軽量な並列6気筒エンジンとなりました。555mmのエンジン幅は、これまで存在していた最もコンパクトな並列6気筒エンジンよりも100mm程スリムです。比較的長いストロークで正方形に近いボアストローク比67.5:72mm (0.938)と、シリンダー間を僅か77mmと密着させたことで、幅を抑えた設計としています。また、電装補機類はクランクシャフトの背後、ギアボックスの上にできたスペースに設置されています。

+ Read more

K1300Sに搭載されていた4気筒エンジンと同様に、シリンダーバンクは前傾55度です。その結果、低重心となり、バランスのとれた重量配分になりました。ドライサンプ潤滑方式は、従来のオイルサンプを(ケース内から)無くして、オイルリザーバーを使っているため、エンジン高を抑えることができます。また、この傾きによってエンジンの真上に流線形の吸気システムを置くスペースも確保しています。

効率的な燃焼、低回転時の大トルク、フリクションの最小化により、時代に即した抜群の燃焼効率を備えた6気筒エンジンに仕上がりました。このエンジンは、4気筒エンジンに引け劣らないレベルのスポーツ性能も兼ね備えています。

+ Read more